禁煙したいならベストケンコーが役に立つ

タバコを吸い始めるきっかけとして、テレビドラマや映画等に登場する俳優が紫煙をくゆらせる姿を見て憧れをいただき吸い始めたという人もいるのではないでしょうか。
しかし、タバコを吸うことに依る自分自身の健康被害や、副流煙と呼ばれる喫煙者が吐き出した健康を害する物質が含まれた煙を自分以外の人達に害を及ぼすという事は否定出来ない事実です。
禁煙しなければと考え「忍」の一文字で禁煙をしたという人も中にはいるかも知れません。

しかし大半の人はタバコを止めようしたけれども、それが返ってストレスになり仕事にも身が入らずに3日坊主に終わったという人達は存在する模様です。
そこでその様な人達を無理なく禁煙させる為に、現在では禁煙外来という科目を設けた病院が出来ましたので、そこで治療(禁煙)をする事が出来るようになるでしょう。
禁煙に成功すれば周りにいる人達に対して副流煙という被害も与えず自分自身の健康も守れます。
また消費税が8パーセントになった事でより値上がりしたタバコ代が不要になりますので、他の趣味に使用したり、あるいは生活費に当てたりすることが出来る様になるというメリットがあります。

しかし、人によっては仕事が忙しくて行けない等の理由で病院に行っている時間が無い・近くにその禁煙外来のある病院がみつからない等という場合には、個人輸入代行企業であるベストケンコーで禁煙治療薬を入手して利用するという方法が良いかも知れません。
日本国内でもスタンダードであり病院でも処方されるであろう薬も、ベストケンコーでは定価は9800円である所を520円の割引きで9280円で、またアメリカで最も有名な禁煙治療薬のジェネリック医薬品が定価より1020円引きの4180円で販売しています。

特に前者の薬は今までに禁煙に挫折した人にも無理なく禁煙へと導ける様にした薬で、その仕組みはタバコを吸うと取り込まれたニコチンが、脳内にある「α4β2ニコチン受容体」という部位に結合されると快感物質であるドーパミンが放出され、心地良さが得られるというものです。

そこで当該の薬を飲むとα4β2ニコチン受容体にニコチンより先回りして、バレニクリン酒石酸塩が結合し、後から結合しようとやってきたニコチンの受け入れをブロックします。
これを繰り返し行なっていると、今までタバコを吸って満足を得られたのにも関わらず、喫煙しても満足感が得られなくなるのです。
ですから先に挙げたベストケンコーで購入した禁煙薬は、最初の7日間は喫煙しても良いので、徐々にタバコから遠ざかるという事が無理なく出来る様に工夫されているという訳です。

服用スケジュールはまず第1日から第3日目までは朝食・昼食・夕食の何れかの食後に0.5mgを1日1回服薬して、第4日から第7日目までは0.5ミリグラムを1日2回朝食後と夕食後に別けて飲むようにします。
そして、第8日目から12週目迄は禁煙フェーズに突入しますので、当該の薬1mgを朝食と夕食後に服用しましょう。
但し、現在もしくは過去にうつ病を患っていた場合や肝臓に持病がある場合、あるいは妊娠中である場合は注意が必要で、医師に相談してからにすることが大切です。